子宮内膜症の症状って、どんな?

子宮内膜症の症状って、どんな?

お腹の辺りが、ズキズキする…!!この痛みって、もしや子宮内膜症の症状なのかな?

 

子宮内膜症の典型的な症状は、ズキズキとうずく耐えがたい痛みが長引くことです。

 

では子宮内膜症に他のどんな症状があるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

子宮内膜症の代表的な症状

次の通り、子宮内膜症の代表的な症状を集めてみました。
当てはまる症状が一つでもあったら、一度病院に診てもらうようにしましょう。

月経痛とは違う痛み
腰痛
下腹部痛
気分不快
お腹が下しやすい
排便痛

 

その他にも考えられる症状もありますので、子宮内膜症の症状かどうか不明な時は一度婦人科の先生に聞いてみてくださいね。

 

 

月経痛との違うの?

子宮内膜症の症状って、普通の月経痛との違いが分かるの?』と思われる方が多いことでしょう。

 

結論から言いますと、月経痛(生理痛)との違いは分かります。大きな違いは、子宮内膜症で見られる月経痛が、強くなったものであると考えてもらえればいいです。

 

子宮内膜症が進行すると、痛みは一般の鎮痛薬では治まらないほどの激しいものになります。

 

つまり、子宮内膜症の痛みは耐えがたい程の激痛であるため、普段の生活にも支障をきたすことがあります。

 

また、意外と知られていないのが、月経時期ではないのに腰部や下腹部の周りの痛みを伴うこともあります。

 

症状は子宮内膜症がある部分に出てくるので、下腹部だけにととどまらず、腰部や骨盤、肛門の奥まで広範囲にわたって激痛が走ります。
ただでさえ、痛みと戦っているのに吐き気などの気分不快やお腹を下しやすくなったりします。

 

症状が進行してくると、仕事や学校、用事などの日常生活もままならなくなってしまうことも考えられます。

子宮内膜症の症状って、どんな?

子宮内以外にも、子宮内膜の癒着は起きます。
それにプラスして病巣が出来た時は、痛みだけではなくて体にも変化が出てきます。

 

では、どんな痛み以外にはどんな症状が出てくるのでしょうか?
子宮内膜症が直腸の近くにできると、排便時に痛みがあり、お腹を下しやすいこともあります。
膀胱の近くに病巣ができると、膀胱炎と似ている症状ですが、排尿時に痛みがあり、頻繁にトイレに行きたくなるという頻尿や血尿が出る場合もあります。

 

もし毎回我慢できないほどの月経の痛みがあった場合、子宮や卵巣に子宮内膜症や他の病気が隠れている可能性があるかもしれません。
通常の痛みではないと思ったら、まずは病院で受診するようにしてください。

 

子宮内膜症の初期症状は何?

子宮関連病気

女性の現代病ともいわれ10人に1人罹患するとも言われている子宮内膜症です。身近な病気の一つですが、最近では20,30代に増加傾向にあります。

 

本来、子宮内膜症の初期段階での発見は特に難しいというケースが多いとされているようです
というのも、初期症状として痛みなどがないからです。

 

生理痛がひどい、月経の期間が長くなったなどで検査して子宮内膜症が分かった時は、すでに初期症状ではなくて第2期とされているのです。
”第2期”という表現は初めて聞きました。

 

医師から、子宮内膜症に関する小冊子のようなものを頂きました。
小冊子によれば、症状が初期であれば第1期で、2,3期へ進行し、第4期は重度でした。

 

第2期前後という時期での治療の場合、ある程度の処方薬などでの症状が改善できるので安心して大丈夫でしょう。

 

とはいっても…できるだけ早く見つけたいのが子宮内膜症ですよね。
もっと早く見つける方法があるのでしょうか?

 

 

初期症状を見つけ出すには?

もっとも子宮内膜症の本当の初期というのは自覚症状がないので、手の打ちようがないというのが実情です。
初めての方や数年振りの子宮内膜症の定期検診で、気付くケースがほとんどですからね。

 

症状の出方に個人差があるので、体の変化を敏感に感じ取るように常にアンテナを立ててチェックしておくように心がけましょう。

 

生理の際の出血がひどい、痛みがひどいというのはいつものことなんていう人も、加齢とともに定期検診を受診されてくださいね。
そのような痛みの中で子宮内膜症が静かに進行しているということはとても多いのです。
腹痛も子宮内膜症の症状の一つですから、見逃してはなりません。

 

気が付けば、かなり進行していて治療に時間がかかることもあるので、注意が必要です。

 

なかには生理痛がいつも軽いから大丈夫というような方々がいるでしょう。
でも、ある日いつもより痛いな〜と違和感を感じたら検査に行くべきです。

 

このように、「いつもとはちょっと違うな…」とか「いつもはこうなのに…」という普段の自分の状態をしっかりと把握しておくことが大事なのです。

 

普段と違って痛みがあるという場合もそうですが、40歳を超える頃には検査にも行ったほうがいいでしょう。

 

スポンサーリンク