子宮筋腫とはどんな病気?

子宮筋腫とはどんな病気?

子宮筋腫という言葉を聞いた事があるという人は、どれくらいいるのでしょうか?
子宮筋腫のことを知っていたとしても、どういう症状が生じるのか、また発生メカニズムについて説明してと言われたら、全く答えられない女性が多いように思います。

 

これは、女性の子宮にしか発病しない疾患なのに詳しく調べようとしない女性がいかに多いことかが分かります。
女性は、ぜひとも子宮筋腫という病気を知っていてほしいと思います。

 

ここでは、子宮筋腫とは何なのかを簡単にお話をしていきます。

 

スポンサーリンク

子宮筋腫とは?

これは子宮の中にできた腫瘍のことを指しています。腫瘍と聞くと、ガンといイメージが勝手に浮かびとても大変なものと考えてしまいがちですが、子宮筋腫の腫瘍は決して悪性腫瘍ではないので命を脅かすようなことはありません。

 

なぜなら、子宮筋腫によって出来る腫瘍は良性だからなのです。
腫瘍には悪性と良性と2種類があり、ガンは悪性で子宮筋腫は良性の物となります。

 

ですから、「子宮筋腫が出来てしまった、どうしよう!」と焦らなくても大丈夫です。
今日、子宮筋腫が見つかって慌ててしまうよりも子宮筋腫のことを少し勉強して知識を広めると、気持ち的に安心できると思います。

 

もちろん子宮筋腫が見つかると色々な心配をしてしまうでしょうが、30歳以上の女性なら20〜30%もなっていると言われているほど、誰にでも病気を呈するのです。

 

 

子宮筋腫の種類は?

子宮筋腫には、できる位置によって次の3種類に分類されます。

筋層内筋腫

筋腫が筋層の中に埋まっている状態。

漿膜下筋腫

筋腫が子宮の外側に突き出している状態。

粘膜下筋腫

筋腫が子宮の内側に突き出している状態。

 

これらは症状や治療法が異なってきますが、大部分は子宮の上部3分の2の子宮体部に発生することが多いとされています。

 

 

女性ホルモンによって筋腫が大きくなる?

子宮筋腫は初潮前の女性にはあまりなく、また閉経後もごく少数です。つまり、子宮筋腫が成長するのは月経がある年齢の女性なのです。
だから35歳以上の女性の4人に1人に見られ、特に40代は最も多いと言われています。

 

月経は女性ホルモンであるエストロゲンと関係しているので、子宮筋腫は生理が始まった女性ならば、誰でも起こり得るということになります。要するに、誰にでも起きる病気だけど、それほど深刻な病気ではないということですね。

 

閉経すればエストロゲンの分泌は減少するので、筋腫は小さくなっていく場合もあります。しかし更年期障害の治療として使われるホルモン補充療法を受けていると、結局、エストロゲンが分泌されるので筋腫が大きくなることもあります。

 

「どうしよう!?」と慌てる前に、「子宮筋腫とは?治療できるのか?」などと病気に関する知識を深め、生活には支障がないということを理解したいですね。
もし、あなたも周りに子宮筋腫の人がいたら正しい知識を伝えてあげて安心させてあげて下さいね。

 

スポンサーリンク