子宮筋腫の検査って何がある?

子宮筋腫,症状,検査

 

もしかしたら、「子宮筋腫かもしれないから検査をしたい」と言う人も多いのではないでしょうか?子宮筋腫の検査はしたいと思うけれど、どんなことをするのか解らないと怖いなんていうこともありますよね。

 

子宮筋腫の検査というのは、一つだけで判断するのではなく、いくつかの方法が用いられます。
基本的には、まず問診をしてから内診をし、そして超音波検査になるという病院が多いです。

 

ですが、その他にも採血や細胞診、MRIなど総合的に判断をしていくと言う病院もあります。

 

ここでは、子宮筋腫の検査内容について紹介します。

スポンサーリンク

どのような検査を?

子宮筋腫の検査は、次のようないくつかの検査法が行われます。

問診
視診や内診
超音波検査(エコー)
MRI検査
子宮卵管造影
血液検査

 

内診やエコーで筋腫の疑いがあると確認されたら、MRIでどこの部位に筋腫があるのかを調べることになります。

 

内診のこと

内診というのは、婦人科疾患の診断の際に重要な診察法で、医師の手指を膣に入れたりと子宮や卵巣の大きさや形、硬さなどを確認します。
直接膣に指を入れられるわけですから、多少痛みを伴う場合もあるので、緊張しやすい人はリラックスに努めてください。

 

エコーのこと

エコーの場合は超音波検査のことで、子宮筋腫と卵巣嚢腫の区別や大きさの判定のために欠かせない検査法です。
こちらは大きな苦痛を伴うことはありません。

 

MRIのこと

筋腫を触っただけでは、良性の腫瘍(子宮筋腫)か、悪性の腫瘍(肉腫)かは判別しづらいので高確率でMRIの検査を行います。
MRIの結果によって、良性か悪性かが分かるようになります。

 

子宮卵管造影のこと

子宮卵管造影という検査でも子宮筋腫がどうかというのが分かります。
子宮口から造影剤を入れてレントゲンを撮り、子宮内腔の変形や粘膜下筋腫の有無、卵管の通過性を確認することができます。
この検査は主に不妊症の患者さんに行われる検査法ですが、卵管が詰まっていると非常に鋭い痛みを伴います。

 

主に、不妊症と筋腫が関係している可能性がある時に、子宮卵管造影の検査をします。

 

血液検査のこと

子宮筋腫の症状の一つに過多月経があります。
月経量が多いと貧血を起こしやすいので、血液検査で貧血の状態を調べます。
もし貧血が強いようなら、必要に応じて鉄剤やビタミンCの錠剤など処方してくれます。

 

 

以上のようないくつかの検査法がありますが、検査内容によっては痛みを伴う場合もあります。できれば痛くない問診だけで済ませたいと思うかもしれませんが、子宮筋腫の場合はそうはいきません。

 

大抵の人が少し痛かったと言ったり、もうやりたくないというのが子宮筋腫の検査です。
でも一度この検査をしてしまえば、自分が子宮筋腫になっているかが分かるので女性なら一度は受けて欲しい検査です。

 

スポンサーリンク