妊娠を望むなら子宮筋腫はどうする?

子宮筋腫の治療の基本は手術療法になりますが、一般に漿膜下筋腫、筋層内筋腫が直径2cmほどの小さなものであれば経過観察になります。
一方、粘膜下筋腫ではたとえ直径2cmでも月経痛や過多月経がひどい場合は手術が適応となるケースがあります。

 

手術が適応となると聞くと、「子宮がなくなってしまったら妊娠できなくなるのでは?」と不安に思う女性も多いと思います。
それは筋腫の種類によりますが、妊娠できなくなるようなことはありません。

 

ここでは、子宮筋腫と妊娠について説明しています。

 

スポンサーリンク

妊娠を望むならどんな治療法?

子宮筋腫の手術には、以下の2つの方法があります。

子宮を全摘出する根治手術
筋腫だけを処置し子宮を残す筋腫核出術という保存手術

 

妊娠を望むならば、子宮を残すべきです。
つまり、妊娠を強く望む患者に対しては、筋腫核出術を行います。
筋腫の位置が妊娠を妨げていると疑いがある場合、少しでも妊娠の可能性が高まるように筋腫核出術を選択するのです。

 

筋腫核出術を行う場合、腹部を小さく切って腹腔鏡下手術にすることが多いようです。
その方法であれば、腹部の傷が小さく済むので、手術後の癒着が起こりにくいとされています。

 

もしこの方法を希望される場合、事前に病院でどんな手術方法が行われるかを下調べをしてくださいね。
腹腔鏡下手術は比較的新しい方法で、どの病院でもできるものではなく、また医師による経験やスキルに左右されやすいので十分にきをつけてください。

 

まったく妊娠を希望していない場合、子宮全摘出による手術が適応となるケースが多いです。

 

 

最新の治療法はキケン?

筋腫を摘出するのに手術が必要ですが、筋腫を小さくする方法があります。
それは、子宮動脈塞栓術と集束超音波療法といった、全く新しい対応の方法です。

 

いずれも筋腫だけをピンポイントとしているので、子宮はそのまま残すことができます。
しかし子宮への血行の流れが悪くなる可能性があり妊娠しづらくなることも…。

 

集束超音波療法においては流産の危険性が高いと報告されているので、妊娠を希望する患者に対してはこれらの方法を行わないほうがよさそうです。

 

 

子宮筋腫がある時に妊娠したら?

筋腫があるからと、妊娠や出産ができなくなるようなことはありません。
筋腫の大きさによりますが、筋腫があっても妊娠できることもあれば、元気な赤ちゃんを産むことだって可能です。

 

ですが筋腫を経過観察している場合、場合によっては早産や流産に至るケースもあるので決して安心できないことは確かです。
早産や流産に至る原因は、筋腫が子宮を圧迫して胎児の成長を妨げたり胎児に必要な栄養分が行き渡らなかったりするためです。

 

とにかく元気な赤ちゃんを産むためにには、余計な心配はしないこと、そして定期的に検診を受けるなど胎児の健康に注意を払うようにしましょう。
医師のアドバイスにしたがっていけば、赤ちゃんはスクスクと成長していきますから!

 

スポンサーリンク