ステージT期の卵巣がんは?

卵巣がんのステージ(病期)というのは、どのくらい進行しているかを表しています。世界産婦人科連合(FIGO)によって、ステージT期からW期の4つの進行期に分類されています。

 

卵巣がんは画像診断が困難ため、良性か悪性かの判断は手術ではっきりできます。
つまり、ステージは手術所見と手術後摘出物を検査した結果によって決定されるのです。

 

スポンサーリンク

 

ステージT期の卵巣がん

FIGOの進行期分類表によると、ステージT期は下記のようになっています。

 

T期:卵巣内限局発育

 

Ta:腫瘍が一側の卵巣に限局し、癌性腹水がなく、被膜表面への浸潤や被膜破綻の認められないもの 。

 

Tb:腫瘍が両側の卵巣に限局し、癌性腹水がなく、被膜表面への浸潤や被膜破綻の認められないもの 。

 

Tc:腫瘍は一側または両側の卵巣に限局するが、被膜表面への浸潤や被膜破綻が認められたり、腹水または洗浄細胞診にて悪性細胞の認められるもの 。

 

ちょっと素人の判断では、理解しづらいかと思います。
要するに、ステージT期は卵巣という器官だけにがんが認められていることです。

 

さらにTa〜Tcまでに分けられていますが、「Ta」と「Tb」の違いは、がんが片側の卵巣、もしくは両側の卵巣なのか?ということです。

 

もし結果が、Ta期であれば早期発見になるので、正しい治療を受ければ治療可能です。
将来、妊娠を考えている場合には、片側の卵巣のみを切除し、反対側の卵巣や卵管、子宮を残すケースもあります。

 

腸を取り囲む脂肪組織を【大網】という組織がありますが、たとえ一見して転移がない場合でも切除します。

 

その切除した大網を手術後の検査によって、転移が発見されることもあるのです。
もし、大網への転移が見つかれば、ステージはT期ではなくV期ということになります。

 

手術後で摘出物の検査を行った結果、卵巣以外に転移していなければ、卵巣がんのステージTI期であると決定します。

 

卵巣がんは無症状のうちに進行するがんですので、きちんと定期的に検査を受けたほうがいいのです。
定期的に検査を受けてみたものの、卵巣がんの疑いがあると診断されても慌てないでくださいね。

 

ステージT期に見つかれば、手術療法でがんを切除すれば治ります。
早期発見、早期治療がキーワードですから。

 

でも本当に、この時期に発見できたらいいですよね…。

 

Tb〜c期では手術療法でがんを切除し、そのあとに化学療法を行います

 

ステージT期の生存率は、FIGOによると、下記のようになっています。

Ta期 92.0%
Ub期 88.4%
Vc期 83.4%

 

という報告があり、ステージが進行していく度に生存率が下がっていくことが分かります。

 

スポンサーリンク