卵巣がん検診、効果なし?

アサヒドットコムに、【卵巣がん検診効果なし?過剰治療の可能性有り―米国立がん研究所など】というタイトルに目に留まりました。
このタイトルがとても気になりますね。

 

記事によると、以下、アサヒドットコムより引用。

『卵巣がん検診を受けても死亡率減少につながらず、かえって不必要な治療につながる可能性がありそうだ。米国立がん研究所などが8日付の米医師会雑誌(JAMA)で発表した。

 

卵巣がんは早期の段階で症状が現れないため発見が難しい。検診の有効性についての研究結果が待たれていた。チームは1993年から2001年の間、55〜74歳の女性約7万8千人を、がん検診を受ける人と受けない人に分け、最長13年間追跡した。検診は腫瘍(しゅよう)マーカーの値の測定を6年間、膣(ちつ)から超音波で診る方法を4年間続けた。

 

その結果、卵巣がんで亡くなった人は、検診を受けた人が118人、受けなかった人が100人で統計的な有意差はなかった。疑陽性も含め、受けた人の方が卵巣摘出術を受けた割合は高く、過剰な治療につながっていた。 』

 

スポンサーリンク

 

米国での報告ですが、日本はどうなんでしょうか?
調べてみたら、次のような記事がありました。

 

日本では卵巣がんの集団検診は行われていませんが、一部医療機関が自由診療で実施しています。患者数は年々増えており、年間約8000人に見付かり、50歳代から70歳代の女性に最も多く発症しています。

 

女性の70人に1人が発症していると見なされ、婦人科系のがんの中では2番目に発症率が高く、死亡率は1番目といわれています。食生活の欧米化に伴って年々少しずつ発症する人が増えており、特に50歳以降に発症すると死亡率は高くなっています。

 

日本婦人科腫瘍学会理事長の宇田川康博・藤田保健衛生大教授は、「婦人科の受診時に超音波で卵巣の状態を診ることで、早期発見につながる場合もある。少しでも違和感があれば受診を」と話しています。

 

引用先→http://www.asahi.com/health/news/TKY201106070622.html

 

記事を改めて読むと、驚きを隠せない調査結果ですね。

 

確かに、卵巣がんは早期の診断が難しいがんです。
卵巣がんの症状は、がん自体がある程度大きくなる、または、他の部位に転移した時に現れます。
無症状のうちに進行しますから、早期発見がしづらい病気でしょう。

 

治療すれば、がんは治るでしょうが、残念ながら、治療困難ながんは早期発見でも治らないということでしょうか?

 

気になったのは、調査対象が【55〜74歳の女性】としていたので、年齢の幅をもっと持たせて欲しかったかなと思います。
また、腫瘍マーカーと超音波で結果にどれほどの差があったのかも、もう少しデータを示して欲しいモノです。

 

米国と日本の間に食文化や生活習慣など、全く異なる背景があるわけですから、日本婦人科腫瘍学会理事長や教授の仰るように『婦人科の受診時に超音波で卵巣の状態を診ることで、早期発見につながる場合もある。』わけですから、どちらにしろ定期的に検診を受けた方がいいでしょう。

 

がんや生活習慣病などの主要な病気をはじめ、体質も含めると280項目の遺伝子検査が行えます。
一生に一度の検査ですから、発症リスクや体質の遺伝的傾向を知り、今後の生活改善に役立てることができます。

MYCODE