卵巣がんと遺伝の関係について

卵巣がんと遺伝との関係性はあるのでしょうか?実は、それは大いに関係しているようです。
遺伝的な要因で発症する卵巣がんを、遺伝性卵巣がん症候群(HBOC)といい、卵巣がんの5〜10%が遺伝的要因が関係していると言われています。

 

ここでは、卵巣がんと遺伝の関係について説明しています。

 

スポンサーリンク

 

遺伝子検査で自分はがんなのか?

あのハリウッドスターの女優が、乳がんの遺伝子検査を受けて乳がんになる確率が高いと結果が出たことで、将来を考え予防的な意味合いで乳房切除術、そして切除後の乳房再建術を施術したというメディア関係でニュースが流れていたことが記憶に新しいでしょう。

 

あの女優さんのように、自身が遺伝性がんなのかどうかを調べるのが遺伝子検査なのです。

 

血縁者に卵巣がんが多く見られる家系を調べたところ、がん発生に関連するBRCA1遺伝子BRCA2遺伝子を有していることが分かっています。

 

この遺伝子のどちらかに遺伝的な病変があると、卵巣がんの発症リスクが高くなり、約50%の割合で遺伝するという報告があります。BRCA1遺伝子、BRCA2遺伝子ともに、男女の性別に関係なく遺伝すると言われています。

 

また、子供2人のうち、どちらか片方にだけ遺伝するということもありません。
しかし、卵巣がんを多く発症する家系であっても、卵巣がんを発症した患者から必ずしもBRCA1遺伝子やBRCA2遺伝子が決して見つかるわけではありません。

 

もし、遺伝子検査を受けてBRCA1遺伝子、BRCA2遺伝子の異変がないと判断された場合でも、遺伝性の卵巣がんではないとは一概に言えません。

 

卵巣がんの発症には、他の遺伝子が関係していることもあります。遺伝的卵巣がん症候群には、若い年齢で発症する、2世代にわたってがんの発症者がいる、卵巣がんと乳がんの両方を発症する、男性血縁者に乳癌発症者がいるなどの特徴があります。

 

BRCA1、BRCA2遺伝子検査は、遺伝性卵巣がん症候群であるかを確定診断するための唯一の検査方法です。

 

ですが、すべての卵巣がん患者に行われるわけではなく、既往歴や家族に卵巣がん患者がいるかなどの家族歴から遺伝的卵巣がん症候群であることが疑われる場合に、確定診断の目的で行われます。

 

この遺伝子検査は私たち日本でもすでに行われている方法ですので、ご心配な方は遺伝子検査のできる病院で一度相談なさるといいでしょう。

 

スポンサーリンク