腹水はあなたにシグナルを送っています。

卵巣がん,症状,腹水

卵巣がんには、他の臓器に転移するもの転移しないものと2種類があります。
そのうち転移する卵巣がんは、悪性腫瘍と言われ、他の部位に転移する厄介ながんです。

 

転移がんで見られる症状は、

腹水がたまる。
胸水がたまる。

 

では、代表的な症状の腹水とは、どんな場所に溜まると体にどんな異変を感じるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

卵巣がんと腹水?

お腹の中には、【腹膜】という腹部の臓器を包んでいる膜があります。
その腹膜の中には、いつも一定量の水があるのが、腹水と呼ばれています。

 

腹水は、腹膜にいつも一定量の水があります。
それが、病気からの腹水の作り出される速さと外に出されるバランスが崩れ、溜まっていくのです。

 

ですから、腹水がたまり始めると内臓や肺などを圧迫して、

運動もしていないのに息苦しい。
体重が増加する。
下腹部の膨満感がある。
膀胱炎でもないのに頻尿になる。

 

…などといったモノを言う症状が見られる始めるのです。
上記の症状を感じ、病院で診断を受けると他のがんと一緒に卵巣がんに気付いた人は、患者全体の3分の2以上と少なくはないのが現状です。

 

卵巣は、肝臓と同じで沈黙の臓器と名を打たれている臓器で、初期の卵巣がんから体へのシグナルは全くといってもいいほどありません。
一般に卵巣がんの初期には、ほとんど症状がありませんから厄介な種類のがんなんですよね。

 

したがって、体に異変を感じた時には、『がんが大きくなっていた。転移してしまっていた。』などの怖い結果になっているのです。

 

不安がらず、初期に見つけたらいい!と前向きに考えていきましょう。
初期にがんを見つける方法は、婦人科の検診を定期的に受けることです。

 

沈黙の臓器ですから、自覚症状=がんが進行していると思ってるくらいの気持ちを持ちましょうね。

 

定期検診を受けることで、幸運にも発見された場合も多いようですよ。婦人科検診を普段から意識して、がんの早期発見・早期治療をして重病化を未然に抑え込みましょう。

スポンサーリンク